乳児湿疹や様々なベビー用品|スマイルベビーライフ

赤ちゃん

繊細な肌をケアする

赤ちゃんは誰でも乳児湿疹を経験する

赤ん坊

生まれたばかりの赤ちゃんの肌は非常にデリケートで、少しの刺激で肌トラブルを起こします。一口に乳児湿疹と言っても様々な種類や症状があり、それぞれ原因も違ってきます。大事なことは、赤ちゃんの肌の状態をきちんと把握することです。乳児湿疹が現れたからといって、慌てずまずは様子を見ましょう。乳児湿疹ケアでもっとも必要なのが肌を常に清潔に保つことです。赤ちゃん用の刺激の少ない石鹸やボディソープなどを用いてやさしく洗うようにします。赤ちゃん用のケア用品はドラッグストアなどでも手軽に購入できます。低刺激な商品は、一般的なものと比べて割高なものもありますが、乳児湿疹の症状が現れる時期は一時的なものがほとんどですので、赤ちゃんのためにもしっかりしたケア用品を使うように心がけましょう。

肌の清潔を第一に考えよう

赤ちゃんは、大人以上に体温が高くとても汗かきです。毎日の入浴はもちろんのこと、汗をかいたらすぐに肌着を取り替えるようにしましょう。かゆみの伴う乳児湿疹ですと、赤ちゃんが無意識でかきむしってしまうことがあります。爪などで引っかいてしまうと、症状が悪化する恐れもあるので、爪は常に丸く切り揃え、必要な場合は手にミトンをはめるようにしましょう。布団のシーツや枕カバーなどもいつも清潔なものを使用するようにします。これらの方法で状態が改善されずに悪化するようなことがあれば、勝手に判断せずに病院での診察を受けるようにします。アトピー性皮膚炎やアレルギーが原因であることも考えられますので、症状が長く続く場合には注意が必要です。